2008年7月16日

Ubuntu 8.04 LTS に乗り換える。

Debian 安定版の進捗はあまりにも遅く、testing や sid ではあまりにもパッケージの更新が頻繁すぎる。インストールするパッケージを選別すれば良いのだが、それも結構骨の折れる作業である。

世の中を見渡してみると、Ubuntu LTS のリリース方針が自分の要望に怖いほど合致している。

  1. 初期インストールで、日常作業に必要かつ最小限度のパッケージが使える状態になる。
  2. X の設定とかも、Debian だと鬼門だったのだが、Ubuntu では手厚いサポートがある。
  3. 近年 freedesktop.org で整理された部分が、普通に使えるようになってる。
  4. その他、沢山。

兎に角、最初に悩まなくて良いのが一番良い。上手くいかなくても、Debian 使いのバッドノウハウを使えば良いだけのことだし。

なので、Debian/etch から Ubuntu 8.04 LTS に乗り換えてみた。

あと認証系とかの赤帽の authconfig を移植すれば完璧な気がする。。。。

やべ本当だ。。。頼んだ > Ubuntu

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...