2007年11月16日

NFSv4とKerberosを組み合わせる

どうもNFSはパケットだだ漏れ、認証もへったくれもない、スピード狂のネットワークファイルシステムのイメージは拭えない。ただ、Linux のNFSv3では AUTH_SYSぐらいしか使えなかった(使わなかった?)のも大きいかも。

NFSv3 から NFSv4 への移行に合わせて、まともなKerberos認証を組み合わせてみた。 丁度、OpenDirectory にはもれなく、即運用可能なKerberosサーバ群がついてくるので、、、。

前提として

  • NFS サーバ/クライアントは、Fedora2以上/CentOS4以上である。
  • NFS サーバ/クライアントになるマシンのKerberos のクライアント設定(/etc/krb5.conf)が完了してる。
  • NFS サーバ/クライアントにはユーザアカウント情報がある。
    • /etc/passwd ファイル内であれ、LDAPサーバ上であれ、あればいい。

参考

NFSv4 のドメイン設定

NFSサーバ/クライアントの両方で、下記ファイルを編集してrpcidmapdを再起動

/etc/idmapd.conf

...
Domain = example.com
...

nfs用のサービスプリンシパルの登録

KDCにNFSサーバ/クライアントのサービスプリンシパルの登録し、それぞれをkeytabに保存。暗号化/ソルトをdes-cbc-crc:normal に限定するのがミソらしい。

# kadmin -p diradmin
Authenticating as principal diradmin with password.
Password for diradmin@EXAMPLE.COM:
kadmin: add_principal -randkey nfs/server1.example.com@EXAMPLE.COM
...
kadmin: add_principal -randkey nfs/client1.example.com@EXAMPLE.COM
...
kadmin: ktadd -k /tmp/server1.keytab -e des-cbc-crc:normal nfs/server1.example.com@EXAMPLE.COM
...
kadmin: ktadd -k /tmp/client1.keytab -e des-cbc-crc:normal nfs/client1.example.com@EXAMPLE.COM

できた keytab をそれぞれのマシンの /etc/krb5.keytab にコピーする

rpc.gssd を有効化

/etc/sysconfig/nfs

...
SECURE_NFS=yes
...

で起動。

# /etc/init.d/rpcgssd start
...
# ps `pidof rpc.gssd`
  PID TTY      STAT   TIME COMMAND
 2644 ?        Ss     0:16 rpc.gssd
#  lsmod | grep rpc
rpcsec_gss_krb5        12873  7
auth_rpcgss            42465  4 rpcsec_gss_krb5
sunrpc                142973  10 nfs,lockd,nfs_acl,rpcsec_gss_krb5,auth_rpcgss

ただし、Fedora2だけは事前に rpcsec_gss_krb5 をロードしておく必要がある。。。どうでもいいけど。

NFSv4 のサーバの設定

/etc/exports

/srv/nfs4       gss/krb5(rw,sync,fsid=0,crossmnt,insecure,no_subtree_check)
/srv/nfs4       gss/krb5i(rw,sync,fsid=0,crossmnt,insecure,no_subtree_check)
/srv/nfs4       gss/krb5p(rw,sync,fsid=0,crossmnt,insecure,no_subtree_check)

/srv/nfs4/home       gss/krb5(rw,sync,insecure,no_subtree_check)
/srv/nfs4/home       gss/krb5i(rw,sync,insecure,no_subtree_check)
/srv/nfs4/home       gss/krb5p(rw,sync,insecure,no_subtree_check)

適当にディレクトリを作成して、nfsを起動

# mkdir -p /srv/nfs4/home
# mount --bind /path/to/home /srv/nfs4/home
# /etc/init.d/nfs restart
...
# exportfs
/srv/nfs4/home  gss/krb5
/srv/nfs4/home  gss/krb5i
/srv/nfs4/home  gss/krb5p
/srv/nfs4       gss/krb5
/srv/nfs4       gss/krb5i
/srv/nfs4       gss/krb5p

クライアントでNFSv4のマウント

これで最後で root 権限で

# mount -t nfs4 -o sec=krb5 server1:/home /mnt
# mount | grep home
server1:/home on /mnt type nfs4 (rw,sec=krb5,addr=XX.XX.XX.XX)

一般ユーザでKerberosレルムに認証されている状態であれば、NFS上のファイルが触れる。。。

# su - user1
% klist -5
klist: No credentials cache found (ticket cache FILE:/tmp/krb5cc_5002)
% ls /mnt
ls: cannot access /mnt: Permission denied
% kinit
Password for user1@EXAMPLE.COM:
% klist -5
Ticket cache: FILE:/tmp/krb5cc_5002
Default principal: user1@EXAMPLE.COM

Valid starting     Expires            Service principal
11/16/07 03:34:16  11/16/07 13:34:16  krbtgt/EXAMPLE.COM@EXAMPLE.COM
    renew until 11/17/07 03:34:17
11/16/07 03:34:20  11/16/07 13:34:16  nfs/server1.example.com@EXAMPLE.COM
    renew until 11/17/07 03:34:17
% ls /mnt
lost+found user1 user2 user3
% touch /mnt/user1/a
% ls -l /mnt/user1/a
-rw-r--r-- 1 user1 users 0 Nov 16 03:34 /mnt/user1/a

以上。

あぁ忘れていた。

とりあえずSELinux が有効になってる場合、いろんなアクセスが阻止されるので、Disabled か Permissive にした方がよい。。。SELinux めぇ!

追記

Open Directory の設定のまとめ 2008Q1

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...