2007年11月18日

Linux の autofs とLDAPの関係はどうなってる

Linux の autofs の LDAPインタフェースは何度か変遷があるようなので調べてみた。

基本は、Network Service Switch の設定ファイル /etc/nsswitch.conf で、検索方法に LDAP を追加すれば良い。。。

...
automount: files ldap
...

それだけで済めばいいなぁ〜。

LDAP スキーマ

automount として使われる schema は3種類ある。

1 2 3
Map Object nisMap automountMap automountMap
Map Attribute nisMapName ou automountMapName
Entry Object nisObject automount autmount
Entry Attribute cn cn automountKey
Value Attribute nisMapEntry automountInformation automountInformation
  1. RFC2307 で定義されている。
  2. Netscape Directory Server 4.11 Solaris Extensions NIS Extension Guide に記載がある。古くから使われていた奴っぽい。
  3. RFC2307bis に記載がある。最後に落とされた項目らしい。でもオフィシャルで定義されてるところは知らない。。。

マップ名の書式

autofs のマップ名の書式は異常なほど癖がある。古いバージョンでは 1. しか使えなかった。

  1. ldap:[servername:]basedn
  2. ldap:[//servername/]basedn
  3. ldap:mapname
  4. mapname

4. のマップ名書式は nsswitch.conf に記載してある検索順序で読み出すのだが、マスターマップ名でしか(マスターマップ内ではない、、)機能しなかった期間が結構あった。。。 (prefixに/etc/をつけた)ファイルマップの中に +mapname があれば、files の次の検索順序にある方法で読み出すのが正解かなぁ。

autofs の変遷

RedHat7.2/7.3/8/9/Fedora1
  1. autofs ver 3.x
  2. LDAP v2 での匿名バインド??。OpenLDAPがサーバの場合では、bind_v2 bind_anon_dn の許可が必要。
  3. サーバ、検索ベースは、/etc/openldap/ldap.conf を参照
  4. マスターマップ名は auto.master で固定
  5. LDAP schema は、1. => 2. の順で検索
  6. マップ名書式は、1. のみ
Fedora2/Fedora3
  1. autofs ver 4.x
  2. LDAP v3 での匿名バインド。
  3. サーバ、検索ベースは、/etc/openldap/ldap.conf を参照
  4. マスターマップ名は auto.master で固定
  5. LDAP schema は、1. => 2. の順で検索
  6. マップ名書式は、1. と 2.
Fedora4/Fedora5
  1. autofs ver 4.x
  2. LDAP v3 での匿名バインド。
  3. サーバ、検索ベースは、/etc/openldap/ldap.conf を参照
  4. マスターマップ名は任意で指定可能 (デフォルトは auto.master )
  5. LDAP schema は、1. => 2. => 3. の順で検索
  6. マップ名書式は、1. と 2.
CentOS4
  1. autofs ver 4.x
  2. LDAP v3 での匿名バインド。
  3. サーバ、検索ベースは、/etc/openldap/ldap.conf を参照
  4. マスターマップ名は任意で指定可能 (デフォルトは auto.master )
  5. LDAP schema は、1. => 2. => 3. の順で検索可能だったものに固定。
  6. マップ名書式は、1. と 2. と 3. と 4.
Fedora6/Fedora7/Fedora8/CentOS5
  1. autofs ver 5.x
  2. LDAP v3 での匿名バインド。
  3. サーバ、検索ベースは、/etc/openldap/ldap.conf を参照
  4. マスターマップ名は任意で指定可能 (デフォルトは auto.master )
  5. LDAP schema は、1. or 2. or 3. を指定可能 (デフォルトは1. )
  6. マップ名書式は、1. と 2. と 3. と 4.

まとめ

autofs ver 5.x でまともな実装になったなぁ〜。でも、pam_ldap/nss_ldap とLDAP繋がりで共通の設定ファイルとかあったらいいのにぃ〜。

追記

Open Directory の設定のまとめ 2008Q1

0 件のコメント: