2009年9月24日

Linux の iSCSI

Linux で iSCSI を、やるならば先ず「iSCSI Enterprise Target (IET)」である。そして、kernel に取り込まれてる iSCSI システムが別にあるよってなる。

それって何だろう?

Linux SCSI target framework (STGT)」がそれらしい。iSCSIに限らず Fiber Channel などの一般的な SCSI Target を対象に絶賛開発中らしい。ユーザランドのコマンドは RHEL5系でscsi-target-utils として提供されいるので、結構安定してるかも。ただ、Debian にはまだ無いっぽい。

あと、別系統として、「generic SCSI target subsystem for Linux (SCST)」てのがある。

三種類の比較表を見ると、SCST が多機能で高性能っぽい。今後が楽しみだなぁ

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...