2006年9月29日

ディスクIO性能(10) - PDC20270/ITE8212/430MCPの比較

取り敢えず PDC20270/ITE8212/430MCPのmdベースのRAID0性能を比較をしてみる。

blog20060928-RAID0-all

  1. 2units(2channel)で明らかなRAID0性能向上の傾向がread/writeともに見られる。但し、PDC20270のwriteの向上は鈍い。
  2. 実際の2units(1channel)の性能は1unit比べてやはり劣化がある。
  3. サウスブリッジ内蔵(430MCP)とPCI直下のChip(PDC20270/ITE8212)の性能の違いは無い。

2units/1channel の性能劣化の良い説明が思いつかない(嘆いているっぽいはいる)。IDE channelの共有による調停とかのボトルネックなのかなぁ? IDEインターフェース自体やPCIのDMA転送の仕組みが分からないとイマイチ理解できないなぁ。。。

本題の「ディスクI/O性能はどのようにすればあげられるのか」を考えると、経験則としてストックすべきなんだろうなぁ。

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...