2006年7月22日

IMAPで見知らぬフォルダが現れた?!

debian sarge から debian etch へ移行したら、見知らぬIMAPのフォルダが現れるようになった。

customflags
subscriptions

暫く放置してとけば勝手に消えるかと思ったが、一向に消えない。 よく調べてみると dovecot が利用している特殊なフォルダだったらしく。 0.99(sarge) から1.00(etch) へ更新時に上記のフォルダの名称が変更され、別のフォルダを使うようなり、その残骸がIMAPフォルダが現れたようである。

フォルダを削除したところ、見知らぬIMAPフォルダは現れないようになった。

# cd ~/Maildir
# rm -rf .customflags .subscriptions

ふむ。

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...