2008年8月3日

CentOS 5.2 上で Ruby の環境を整える

CentOS 5.2 の標準では ruby 1.8.5 止まりである。

Ruby を最新バージョンに上げて、RubyGems入れて、Railsも入れるとか、結構、巷で行われている

まぁ、記念なので、次のサイトを参考にインストールしたら、すんなりできた

RPMforge の追加

公開鍵の取得し、レポジトリのパッケージの確認し、インストールし、デフォルトでは使わない設定をする。

# rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# rpm -K rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm: (sha1) dsa sha1 md5 gpg OK
# rpm -i rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
# sed -ie 's/enabled = [01]/enabled = 0/' /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
# yum --enablerepo=rpmforge list

気持ち ffmpeg や mencoder をインストール出来るようになるってうれしい

# yum --enablerepo=rpmforge install fmpeg mencoder

checkinstall のインストール

tarball からRPMパッケージなどを簡単に作れるようにするものらしい。(1, 2)、、、ちょっとだけいい。

# yum --enablerepo=rpmforge install checkinstall

ruby 1.8.7 のインストール

公式サイトから取得して、つらつらとRPMパッケージに仕立てて、インストールする。バイナリパッケージなので、依存するライブラリを気をつければ、別の環境にもサクサク移せるとは、いい感じ。

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p17.tar.bz2
# tar xfj ruby-1.8.7-p17.tar.bz2
# cd ruby-1.8.7-p17
# ./configure --prefix=/usr
...
# make
...
# checkinstall --fstrans=no
...
# rpm -ih /usr/src/redhat/RPMS/i386/ruby-1.8.7-p17-1.i386.rpm 
# ruby -v
ruby 1.8.7 (2008-06-09 patchlevel 17) [i686-linux]

RubyGemsのインストール

公式サイトから取得して、サクッとRPMパッケージに仕立てて、インストールする。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/38646/rubygems-1.2.0.tgz
# tar xfz rubygems-1.2.0.tgz 
# cd rubygems-1.2.0
# checkinstall -R "ruby setup.rb"
...
# rpm -ih /usr/src/redhat/RPMS/i386/rubygems-1.2.0-1.i386.rpm 
# gem -v
1.2.0

ここまでくると、gem コマンドが使える状態になるので、あとはそいつに任せれば、環境が出来上がる。

# gem install rails

どっかに、CentOS 用の ruby 最新版のレポジトリとか無いのかなぁ。。。

追記(2010-05-18)

2年も経つとURLも変わるらしい。上手く行かない時は次の記事を参考にと。

1.8.7へアップデート死亡遊技 - Rubyの勉強を始めます。 - Rubyist

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...