2010年10月1日

Squeeze に移行してみる

squeeze がフリーズされて、暫く経つので安定の良い頃合いかなと、 自宅のメインのサーバを lenny から squeeze に移行してみた。

何とも、安定してる。。。

lenny ベースだと、古く使いたい機能が無いので、 適当に野良バックポートしてた netatalkkvm/libvirt-bin とか幾つかあったのが、 標準のパッケージで済むのが良い。

ただ、1点だけ手作業が必要だった。 どうも autofs のマップファイルが LDAP を参照しているとき、 マスタでは slapd が立ち上がらないタイミング(autofs より slapd が後)なので、 うまく機能しない。。。

まだ sysvinit ベースなので、次のようにした。

update-rc.d -f slapd remove
update-rc.d slapd defaults 18 82

upstartに移行した暁には、Debian もいい感じになるのかなぁ

追記 (2011/02/12)

Debian squeeze から upstart の時代だといった奴は、、、 sysvinit と insserv の合わせ技が標準じゃないかぁ!!

なので、/etc/init.d/autofs の先頭に書かれた insserv 設定行の該当部分を下記のように書き換えると、対処ができる。

...
# Should-Start: ypbind nslcd slapd
# Should-Stop: ypbind nslcd slapd
...

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...