2006年6月11日

新しい Athlon64x2 を購入!

寺でプレス発表して禅と引っかけて何だかなと思ったのだが、最近仮想化技術に Xen が面白そうである。

Intel の VT や、AMD Virtualization(AMD SVM)とかを使うと、ゲストOSを修正なしに実行できるようになるらしく、WindowsXPも修正なしに起動できたという報告がある。

いまいち扱いがしづらいP4+P4P800を引退させて、Xen 用に再度組み直すことにした。 で、結局 Athlon64X2 を使うこと、下記の部品を購入して、電源オン。

  1. Athlon64X2 3800+ Box (Socket AM2)
  2. M2NPV-VM
  3. CD1G-D2U667/ELP

動かん。ごにょごにょすると、

  • DDR2 667Mhz Dual-Channelだと起動出来ない
  • DDR2 667Mhz Single-Channelだと起動。でもSingleじゃなぁ、、、
  • DDR2 533Mhz Dual-Channelだと起動!!

仕様がないので、DDR2 533Mhz Dual で使うことで。

手持ちのSATA HDD を使おうかと思ってが、何故か変なエラーが出てる、、、後で買うか。

Xenの雰囲気を味わうためPATAに入れてあった、Debian etch IA32/Fedora Core 4 IA32 で Xen 3.0 上で動かしてみるみようかなぁ。 本運用する場合は、AMD64 上のXENでDomain0/DomainU上で IA32 として使えるかが問題っすね。

まぁ、きょうはこの辺で。

0 件のコメント:

Cocoa Emacs 24.3 構築 (2013/03版)

暫く使っている Cocoa Emacs を更新していなかったので、24.3 に上げてみた。 当てるパッチは inline patch と ポップアップフリーズ対応パッチ くらい。 24.3 には既にフルスクリーン実装が入っているので、よく使われているフルスクリーンパッチは外し...