2011年2月15日

polipo + MacOSX で使う

普通の PC にインストールした Linux サーバに Squid + Squidguard で使っていたんだが、 別サーバを必ず立ち上げていないと行けないのが面倒なので、、、 乗り遅れ感が否めないが、polipo を常用をする環境を整えてみた。

移行に関しては、GUIは必要ないが launchd との繋ぎの設定ファイルを準備するのが面倒なので MacPorts パッケージを使いつつ、自前に用意したバイナリを使った。

本家サイトで公開されている git レポジトリを元に数点修正したものを使った。

  • 64 bit 環境だと stdarg 絡みで落ちるっぽい部分?を修正
  • redirector の入出力の行仕様をpolipo側でダミーで合わせた
  • censorReferer を maybe に設定した時、サブドメインに加えて指定のサイトリストも Referer を通す機能を追加

修正した履歴はgithubに公開してある。

最後の機能は、画像用を公開してるドメインが短縮した別ドメインに置き Referer で制限しているサイトに対応するためで、設定値uncensorRefererFileに、forbiddenと同じ形式で書けば、Referer を削除せずにスルーしてくれる。

まぁ、polipo も使えない事はないかなぁ。。。あとは、forbidden/redirector で Location を返す挙動がなんとかなれば、いいのになぁ。。。もうちょっと弄ってみるかなぁ


[全文を読む]