2008年3月7日

iPhone SDK on PowerMac G5 って動くのかぁ

当ブログは全く今時の話題を書かない「端っこブログ」なのだが、iPhone SDK ベータを取り上げたい。

iPhone SDK は、Mac OSX 10.5.2 以降の Intel-Mac 上で動く。

はて、PowerPC 上では動か無いのかぁ。

Apple めぇ。

普通にインストールすると、iPhone 関連のパッケージはインストールされない。 なので、以下のパケージを手動で追加する。 Xcode3.1があるディレクトリを指定する必要がある。

  1. AspenDocumentation.pkg
  2. AspenHostSideTools.pkg
  3. AspenSDKHeadersAndLibs.pkg
  4. AspenSimulatorPlatform.pkg
  5. AspenSystemComponents.pkg
  6. DeveloperDiskImage.pkg

と、適当にプロジェクトを作ってビルドするとPPCベースのバイナリが普通にできるようである。

blog20080307-iphone-sdk

シミュレーション用の互換ライブラリ群にはちゃんと PPC 用のコードも含まれている。

$ cd /Developer/Platforms/AspenSimulator.platform
$ cd ./Developer/SDKs/AspenSimulator1.2.sdk
$ cd ./System/Library/Frameworks/UIKit.framework
$ file UIKit
UIKit: Mach-O universal binary with 2 architectures
UIKit (for architecture ppc7400):   Mach-O dynamically linked shared library ppc
UIKit (for architecture i386):  Mach-O dynamically linked shared library i386

なんだろう?正式版では PowerPC でもサポートされるのだろうか?それとも削除されるのだろうか?

なんかまた端っこの話題でしたね。

追記(2008/07/22)

iPhone SDK の最終版が公開されていので、同様に試した。含まれているパッケージ名は Aspen ⇒ iPhone に変更になっているだけで、シミュレーション用の互換ライブラリも ppc 用も含まれている。

大きな違いは!!

Xcode のGUIから下記エラーが出て構築できなかった。。。

No architectures to compile for (ARCHS=ppc, VALID_ARCHS=i386).

どうも、GUIからは VALID_ARCHSが固定値になってるようである。実際、適当な設定をして xcodebuild コマンドをターミナルから直打ちすれば構築はでき、シミュレータでの動作確認ぐらいはできるようである。

Appleは、本格的に PowerPC 上での開発を縮小する意思表示なんだろうなぁ。。。

本当に残念だ。。。。Mac Pro への買い替え時なのかぁ!?

0 件のコメント: